医療安全管理室このページを印刷する - 医療安全管理室

医療安全管理室

組織横断的に西別府病院の安全管理を担う「医療安全管理室」を設置し、医療安全管理の推進のために医療安全管理者(専任リスクマネージャー)を配置しています。

 

1.医療安全管理のための基本的考え方

  医療安全管理規程 第2条に以下のように定めています。 
  医療安全は、医療の質に関わる重要な課題である。
  また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、西別府病院及び職員個人が
  医療安全の必要性・重要性を西別府病院及び自分自身の課題と認識し、医療安全管
  理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底すること。
 

2.体 制

  医療安全管理室長を中心に、医療安全管理者(専任リスクマネージャー)、各部署の
  医療安全推進担当者で構成されています。
 

3.医療安全管理室の日常活動

  1. 医療安全に関する情報収集及び実態調査
  2. 各種マニュアルの作成及び点検と見直しの提言
  3. ヒヤリハット報告の收集、分析、再発防止策の提言
  4. 医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知
  5. 医療安全に関する職員への啓発、広報
  6. 医療安全に関する教育研修の企画・運営
  7. 医療安全対策ネットワーク整備事業に関する報告
 

4.医療事故発生時の指示・指導

  医療事故発生の報告または連絡を受け、直ちに医療事故の状況把握に務めます。
  また、「医療事故当事者サポートマニュアル」に基づき、医療事故当事者に対して
  組織系統的に支援します。
院内で発生するインシデント・アクシデントは当然、「ヒヤリハット」までを病院幹部が迅速に把握、、的確な対応を行うため報告は、24時間体制で「3分以内」に報告することを基本としています。
リスクマネジメントニュース
医療安全研修会
ロールプレイング