地域医療連携室このページを印刷する - 地域医療連携室

地域医療連携室

地域医療連携室のご紹介

 平成28年度より地域医療連携室の強化を目的に、地域医療連携室係長(看護師長)と医療社会事業専門員(MSW)が加わり、5人体制となりました。

 当院は、結核・ALS等の神経難病・筋ジストロフィー・重症心身障害児(者)など国のセーフティネット的な役割を持つ医療を中心に、小児慢性疾患、血液疾患、呼吸器疾患など慢性期の医療を提供しています。2025年問題に向かい、それぞれの患者様が、住み慣れた地域で安心・安全に暮らしていくために、西別府病院に何ができるのかをしっかりと見据え、各医療機関や保健・福祉施設と協力し合いながら、地域に根ざした地域医療連携室を目指していきます。

 大きく広い窓口で、地域からの情報をキャッチし、情報発信できるよう常に笑顔で対応に努めています。専門医療(神経難病、発達障害)、特殊医療(リンパ浮腫、スポーツ医学)に関する受診の調整も行っております。タイムリーな対応に心掛けていきます。お気軽にお問い合わせください。

連携室メンバー

連携室メンバー

地域連携室見取り図

地域連携室見取り図


 

専門診療受付

 














 

地域医療連携室の役割

  1. 紹介患者様の速やかな受け入れ
  2. かかりつけ医・他機関との連携
  3. 地域の医療機関、保健・福祉施設との連絡調整
  4. 入院患者様への退院支援(在宅支援・転院支援等)
  5. 訪問診療・訪問看護の紹介
  6. 医療福祉相談窓口
  7. 地域医療連携としての研修や交流(病診連携セミナー窓口)
  8. 大分県重症難病ネットワーク
  9. 難病患者様のレスパイト入院調整
  10. 結核拠点病院として行政との連携
  11. 九州リンパ浮腫センター受付

ご紹介いただく医療機関の方へ

ご紹介患者様の診療の流れ

1.電話にてご一報をお願いします。

2.当院での受け入れ状況を確認させていただきます。

3.折り返し、受け入れ状況のご報告連絡をいたします。

4.患者様の保険情報をFAXしてください。カルテを作成させていただきます。

 

TEL 0977-24-1221 内線:237 地域医療連携室 FAX  0977-76-7231 (連携室直通)