病棟紹介


看護師の過ごし方

勤務時間帯ごとのシフトの様子や
大分のオススメをご紹介します

各病棟案内

東1病棟:筋ジストロフィー・神経難病・重症心身障がい、結核(ユニット)

私たちは、患者さん・職員との対話を大切にします!

長期療養型の療養介護病棟で、筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症などの神経難病、重症心身障がい者の方が入院しています。入院患者さんの多くは人工呼吸器を装着し、医療的ケアを受けています。患者さんの有意義な療養生活のために、個々に合わせた援助やレクレーションを他職種で取り組んでいます。

令和4年度から結核の病床が併設され、大分県内全域の結核患者さんを受け入れています。結核治療は内服継続が重要です。入院時から退院を見据えた服薬支援・指導を、保健所や地域と連携して行っています。

東2病棟:筋ジストロフィー・神経難病・重症心身障がい、内科・外科

私たちは、患者さんと家族の想いに寄り添う看護を行います!

長期療養型の療養介護病棟で、主に筋ジストロフィー、神経難病、重症心身障がい児・者の患者さんが多く、日常生活には介助が必要です。人工呼吸器の稼働率は50%以上で、患者さんとの会話も非言語的コミュニケーションが中心になります。

文字盤や伝の心(パソコン)を通して、また口唇の動きやまばたき等で表現される訴えを正確に把握できるよう、患者さんに寄り添い、日頃の関わりを大事にして個別性のある援助をしています。

東2E病棟は令和4年4月に新設された病棟で、リンパ浮腫、睡眠時無呼吸過眠症候群の検査目的の患者さんが入院しています。リンパ浮腫の患者さんの入院中の生活が安心して送れるよう、また睡眠時無呼吸過眠症候群の検査を安心して受けられるように日々看護を行っています。

東3病棟:重症心身障がい、小児・児童精神

私たちは、患者さんの気持ちに寄り添うことを大事にしています!

重症心身障がいの患者さんは、3歳から72歳と年齢層は幅広く、人工呼吸器など日常的に医療ケアが必要な方が多く入所されています。言葉で訴えることはできなくても、声や表情、わずかな指の動きや全身で表現するなど、患者さんなりの方法でサインを出し、伝えようとしてくれています。そのサインを見逃さないよう、心の声を聞き、思いに寄り添えるような看護に努めています。

小児・児童精神の患者さんには、治療だけでなく、規則正しい生活習慣に向けて支援しています。

東4病棟:重症心身障がい

Teamで安心の看護を提供します〔T:楽しく e:笑顔 a:明るく m:みんな〕

4歳から65歳までと患者年齢層が広く、主に医療的ケアを必要としている患者さんの看護を行っています。人口呼吸器を装着した患者さんもいますが、保育士・児童指導員と協力して中庭への散歩や季節に応じた療育活動を行っています。学童は、隣接の支援学校に通学しています。

受け持ち看護師を中心に、自分から言葉を発せない患者さんの表情や行動など些細な変化に気づき、個別性を尊重した看護を実践しています。

東5病棟:神経内科・呼吸器内科・循環器内科

私たちは、患者さんの思いに寄り添います!

入院患者さんの主な疾患は、筋萎縮性側索硬化症・多系統萎縮症・脊髄小脳変性症などです。疾患からくる病状の進行に伴い、気管切開や人工呼吸器の装着・胃瘻造設などの治療の選択が出てきます。ご本人・ご家族がよりよい選択ができるように医師、看護師、ソーシャルワーカーやリハビリスタッフとカンファレンスを行い、多職種で意思決定のサポートをさせていただいています。

また、訪問看護師やケアマネージャーなどの地域スタッフや施設と連携し、住み慣れた場所で安心して過ごすことができるよう支援させていただいています。

外 来

私たちは、患者さんやご家族に安心感を持って頂けるような雰囲気作りを心がけています。

慢性期疾患(呼吸器内科、神経内科、循環器科、消化器内科、小児科、小児精神科)のかかりつけ患者さんだけでなく、睡眠時無呼吸症候群や頭痛外来、生殖遺伝科(不妊治療、出生前診断)、ゲノム診療(難病、生殖、がん)などの専門外来も行っています。

スポーツ医学センターや九州リンパ浮腫センターなどは県内外からも患者さんが来院し、専門的な検査や治療、専門セラピストからの複合的理学療法を受けています。

中央材料室・手術室

正確な物品の提供と患者様の安全・安楽な手術検査を医師と共に協力して取り組んでいます!

中央材料室では、衛生材料の適正な供給を行い、患者さんの看護を陰ながら支えています。手術室では、内視鏡検査・治療の介助や、婦人科検査・手術の介助を中心に行っています。患者さんに安心して検査を受けてもらえるように、勉強会を実施しながら技術の習得・向上に励んでいます。

多機能型事業所「ひだまり」

私たちは、安全・安楽な環境を提供します!

在宅支援の一環として、主に重症心身障がい児・者の方に対し、デイサービスを行っています。利用者の特性や、ライフステージに適した支援を行います。希望に応じて、入浴、リハビリ(理学療法・作業療法・言語療法)、口腔ケア、栄養相談も行っています。

2名以上の看護師が常駐しており、医療的ケア(気管切開、人工呼吸器管理、経管栄養等)が必要な方も利用できます。

看護師のライフスタイル

勤務帯別1日の流れ




ドライブコース


大分名物