認定・専任看護師


認定看護師・専任看護師の活動

当院では7つの分野の
スペシャリストが活躍しています

在宅ケア認定看護師

山﨑 智子

在宅ケア認定看護師として、地域医療連携室で退院調整に携わっています。神経難病ネットワーク事業の拠点病院として、気管切開・人工呼吸器を装着し在宅生活を送る方が安心して自宅に帰れるよう、病棟看護師と協働し支援を行っています。

訪問看護の知識を生かし、病院と在宅生活をスムーズに連携していくため、院内・院外の看護職や介護職とチーム医療ができるよう日夜努力をしております。地域に求められ、地域で欠かせない病院を目指し、頑張っています。


感染管理認定看護師

梶川 優(副看護師長)/織田 耕嗣(副看護師長

私たちは、院内の患者さまやそのご家族、院内で勤務する職員などすべての人々を感染から守り、感染拡大を防ぐために活動をしています。院内感染対策チーム(ICT)に属し、ラウンドなどを通して、現場の課題や問題点などをICTメンバーや現場と協力しながら、標準予防策の徹底や感染対策の知識・技術の向上と維持に努めています。


慢性呼吸器疾患看護認定看護師

小野 直美

当院は慢性呼吸不全の方が多く、疾患の進行により人工呼吸器を装着している方が多く入院しています。安全な看護を提供し、患者さまが安全・安楽に過ごすことができるように、人工呼吸器ラウンドや呼吸機能の評価を行い、効果的な呼吸リハビリの検討など、多職種と力を合わせて取り組んでいます。

呼吸ケアの向上のため、勉強会など地域への貢献も行っています。


緩和ケア認定看護師

赤峰 伴子

緩和ケアにおいて「苦痛の症状緩和」は最優先に考えられ重要です。当院には、がんの方と同様に、非がん慢性進行性疾患で、様々な苦痛症状(疼痛・呼吸困難・不眠ほか)を有する方が入院されています。しかし、非がん患者さまの緩和ケア(症状緩和の知識・技術)は始まったばかりです。そのため、勉強会の実施や、病棟カンファレンスに参加し、情報共有しながら、看護師を支援しています。多職種と協働し患者さま・ご家族のQOLの向上を目指して、緩和ケア認定看護師として活動しています。


リンパ浮腫療法士

宮本 陽子/西田 里美/赤峰 伴子/西野 香織

当院では、国内で数少ない「リンパ浮腫入院集中治療・複合的理学療法」を行っています。全国から患者さまを受け入れており、浮腫の軽減・改善はもちろん、医師、OT、PT、管理栄養士など多職種のチームで生活の見直しや体質改善に患者さまと共に取り組んでいます。


NST看護師

平成29年5月より、NST看護師として活動しています。栄養管理が必要な患者さまを対象として、医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、検査技師、リハビリ等、それぞれの専門性を活かしながら、適切な栄養管理に向けて、毎週、カンファレンスと回診を行っています。また、当院はNST専門療法士の認定教育施設で、外部からの実習生の受け入れも行っています。


認定看護管理者(2名)

認定看護管理者とは、より質の高いサービスを提供できるよう、組織内の様々な部署や人に働きかけて、組織全体のサービス提供体制の向上に取り組んでいます。教育体制を整え人材育成を推進し、看護師が働きやすい職場環境を整えています。