教育プログラム


当院の教育

ACTyナースをもとに
研修システムを備えています

教育体制

看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)をもとに、新卒1年目から生涯学習として研修システムを備えています。

集合教育(off-JT)と機会教育(OJT)と連動させ段階的に学んでいきます。また、病院内外の研修でキャリア形成することができます。

職員個々に応じたクリニカルラダー制

クリニカルラダー制

新人教育

新人看護師コース研修計画

職場への早期適応と、看護実践者としての基本的な能力(西別府病院に必要な看護技術等)の習得を目的とした研修です。

病棟では、担当の実地指導者を中心に、先輩看護師全員が日々の看護実践を通して後輩を育成する体制をとっています。卒後3年目の先輩看護師が、新人看護師一人一人にサポートナースとしてつき、最も身近な相談者として悩みを傾聴し共有する役割を担います。

新人看護師研修 年間計画

4月新採用者集合研修
(食事介助の基礎、胃瘻管理と患者の看護、吸引、口腔ケア、体位変換と移乗・移送、与薬、輸液ポンプとシリンジポンプ、BLS など)
4月下旬コミュニケーション技術
5月人工呼吸器装着患者の看護I
6月患者急変時看護(夜間対応)
7月医療事故発生時の対応
9月自己の振り返り
10月看護技術(フィジカルアセスメント)
11月多重課題シミュレーション
1月人工呼吸器装着患者の看護II
2月まとめ

研修風景

5月:人工呼吸器装着患者の看護

人工呼吸器装着患者の体位変換の演習を行いました。気管カニューレが逸脱しないように、お互いの役割を明確にして、声をかけ合ってタイミングを合わせることが大切だと学びました。

6月:患者急変時看護

6月から教育夜勤が始まります。夜勤でスタッフ数が少ない看護実践環境となります。個々が実施できることを確実に実践すること、また、予測に対し準備することが求められます。

講義
講義内容
  • 急変とは
  • ハリーコール=院内救急蘇生連絡体制
  • 急変時に必要な物品、設置場所
  • 救急カート内の物品・薬品の説明
物品確認
実際に救急カート内の物品を見て、触れて、物品の名前・どのように使うのかを確認しました。
【研修生より】
「急変時に先輩看護師に頼まれた物品を持ってこれないといけないので、位置と名前・用途を病棟でも確認していきます。」

9月:中間の振り返り

出来ることも増えてきたけど、まだまだ未熟…。思いを表出することで、みんな同じような悩みや思いを抱いていることが分かりました。でも、出来ないことばかりでなく、患者さんから認められたり、周囲から褒められたりして嬉しかった事や良かった事もありました。みんなお互いの発表を自分のことのように聞き入っていました。自分だけではない!仲間がいる!!ということが実感できました。

10月:フィジカルアセスメント

患者さんの体に触れ、患者の症状を分析
フィジカルイグザミネーションで得た情報から、何が生じていると判断するか

まずは正しく聴診ができること!!
体表解剖を記した上着を着て、研修生同士でお互いに聴診し合いました。実際の肺や肋骨の位置をイメージしながら聴診することができました。

11月:多重課題(シミュレーション研修)

患者の多くが生命に直結した医療機器を装着!安全な優先順位の判断を身につける

先輩達の声

Voice1 看護師1年目

  • 現在勤務している病棟:重症心身障がい児(者)病棟
  • 出身校:別府医療センター附属大分中央看護学校
  • Q西別府病院を選んだ理由は何ですか?

    当院の実習を経験し、看護の現場を実際に見ることで自分の性格に合っていると思ったからです。
    また、重度心身障がい者に関わる看護師さんの姿を見て、重度心身障がい者への看護をやってみたいと思いました。

  • Q職場はどんな雰囲気ですか?

    様々な技術に挑戦することができ、新人の成長を先輩方も喜び、支援してくれる雰囲気があります。

  • Q働いてみて感じた印象は?

    おむつ交換、食事介助といった日常生活の援助が主となると思っていました。しかし、実際は人工呼吸器の管理や吸引といった生命維持に必要な処置や援助もたくさんあるなと感じました。

  • Q仕事で感じた嬉しかったことはどんなことですか?

    自分で観察し、気付いたことや技術について先輩に褒められることが嬉しかったです。褒められるたびにもっと観察できるようになったり、アセスメントに繋げられるようになろうと思います。初任給をいただいて、両親にプレゼントを贈って喜んでもらえたことがとても嬉しかったです。

Voice2 看護師1年目

  • 現在勤務している病棟:結核病棟
  • 出身校:別府医療センター附属大分中央看護学校
  • Q西別府病院を選んだ理由は何ですか?

    実習に来た際、丁寧な指導に感銘を受けたからです。

  • Q職場はどんな雰囲気ですか?

    悩み事などを先輩に相談しやすい環境で、皆さん優しく接してくださいます。

  • Q仕事で感じた嬉しかったことはどんなことですか?

    患者様とコミュニケーションを図る中で、「今日あなたが担当でうれしいわ」や「あなたと出会えてよかった」と言っていただけたときです。清拭やモーニングケアをした際、「ああ気持ちがいい。最高じゃ。」と笑顔で言っていただけたときや、技術習得の際、先輩ができるようになったことを認めて褒めてくれたことです。

  • Q休みの時はどのように過ごしていますか?どのようにリフレッシュしていますか?

    自然を見にドライブに行ったり、山登りをしたりします。 おいしいものを食べに行ったりもします。

Voice3 看護師2年目

  • 現在勤務している病棟:神経筋難病・重症心身障がい児(者)病棟
  • 出身校:熊本医療センター附属看護学校
  • Q西別府病院を選んだ理由は何ですか?

    当院のインターンシップに参加しました。その時、食事介助の見学において、何を食べるか一口ずつ確認し、食の好みなど会話をしながら援助を行っている場面に、胸を打たれました。当院であれば患者さんに寄り添った個別性のある看護が出来ると感じ、選びました。

  • Q働いてみて感じた印象は?

    体位変換や排泄介助、口腔ケアなど日々の業務に追われ、「忙しい」と感じました。しかし、業務を行う中でも患者さんとたくさん会話ができ、ひとり一人の性格を理解しながら、患者さんに寄り添った看護ができる場所であると改めて感じました。

  • Q仕事で感じた嬉しかったことはどんなことですか?

    気管切開している方とのコミュニケーションが難しく、はじめは先輩方に聞くことが多かったです。ゆっくり時間をかけて話すことで、徐々に相手の言葉や伝えたいことが理解出来るようになりました。患者さんも要望を伝えやすくなり、またその要望に応えられるようになったことです。「あなたがいると安心する。」と言われた時は嬉しく、ゆっくり向き合ってきて良かったと実感しました。

  • Q休みの時はどのように過ごしていますか?どのようにリフレッシュしていますか?

    仕事で悩んだり落ち込んだりした時は、同期や先輩とご飯を食べに行っています。また、別府は温泉が多いため、疲れた時はゆっくり温泉につかってリフレッシュをしています。

Voice4 看護師5年目

  • 現在勤務している病棟:重症心身障がい児(者)病棟
  • 出身校:活水女子大学看護学部看護学科
  • Q西別府病院を選んだ理由は何ですか?

    祖父が神経難病を患い、神経内科の分野に興味を持ちました。身体の機能が徐々に衰え、病気が進行していくなかで、患者の意思決定支援・今後の生活に寄り添うことができる看護を追求したいと考え、神経内科のある西別府病院を選びました。

  • Q働いてみて感じた印象は?

    スタッフは優しく、とても楽しく働くことができています。現在は、重心病棟で勤務しています。意思疎通を図ることが困難な患者さんが多く、難しいと感じることが多いですが、患者さんの些細な変化に気づくことができるように心がけています。

  • Q今後の目標は?

    神経内科・外来・重症心身障がい児(者)病棟といくつかの病棟で、多くのことを経験させてもらいました。まだまだ未熟なことが多く、自己研鑽に励む毎日ですが、「安心と信頼に応える質の高い看護」「患者に寄り添える看護」を提供できるように今後も努力していきたいと思います。

  • Q子育てと仕事の両立はどうですか?

    2年目で結婚し、今は一人の子供の母です。育児休業から復帰して、夜勤免除で勤務しており、子育てと仕事の両立を図ることができています。保育園が併設されているので子供を預けることができ、安心して働けています。

Voice5 看護師10年以上

  • 現在勤務している病棟:内科・神経内科病棟
  • 出身校:宮崎県立看護大学
  • Q西別府病院を選んだ理由は何ですか?

    西別府病院は療養所としての機能も有しているため、患者さんにじっくりと寄り添った看護ができるのではないかと思ったからです。

  • Q今後の目標は?

    実習指導者として、看護の面白さや楽しさを未来の看護師たちに少しでも伝えたいと思っています。また、呼吸療法認定士の資格を活かし、スタッフの知識向上ができるように働きかけていきたいと考えています。

  • Qどんなことにやりがいを感じますか?

    患者さんがよりよく入院生活を送ることができるように考え、ケアをした際に、患者さんや家族から笑顔で「ありがとう」と言われたときです。また患者さんの異常にいち早く気づき対処できたときです。

  • Q自身のキャリアアップについて、実習指導者講習会を受講して感じたことは?

    今までは自分の経験や知識で学生や新人看護師を指導していました。しかし、実習指導者講習会を受講し、相手の意見を聞き、認めること、また相手に合わせた指導をすることが大切であるということを学ぶことができ、自分自身も成長することができました。

Voice6 看護師10年以上

  • 現在勤務している病棟:小児科・内科・呼吸器科・血液内科混合病棟
  • 出身校:大分県立看護科学大学
  • Q西別府病院の魅力は何ですか?

    当院は慢性期の患者さんが多く、患者さんの個別性、思いに寄り添った看護を考える機会が多くあります。技術だけでなく、患者さんのための看護について考えることができ、そのための教育も充実していること(ラダー教育やOJT)が一番の魅力であると思います。

  • Qどんなことにやりがいを感じますか?

    患者様や家族の方からの感謝の言葉や、患者様の笑顔がやりがいにつながります。仕事なので楽しいことばかりではありませんが、患者様とのふれあいや反応を楽しみに看護をしています。

  • Q子育てと仕事の両立はどうですか?

    育児休暇取得後、復帰してから日勤のみで働いています。子供は院内の保育園に預けています。子育てと仕事の両立はとても大変ですが、制度を活用し頑張って働いています。また院内の保育園はすぐに連絡がとれるので、仕事の調整もしやすく、安心感があります。

  • Q自身のキャリアアップについて、副看護師長をして感じていることは?

    看護師として働く中で、よりよい看護を患者様へ提供するため、また、自分も含め仲間の看護師たちがより働きやすくなるために、知識を身に付けたいと考え、私はキャリアアップを目指し看護管理について学び、現在副看護師長として勤務しています。看護師長や看護部長、副看護部長からも指導を受け、今後も患者様のため、スタッフのためにできることを模索し、学んでいきたいと考えています。

Voice7 看護師20年以上

  • 現在勤務している病棟:内科・神経内科病棟
  • 出身校:国立療養所高松病院附属看護学校
  • Q西別府病院の魅力は何ですか?

    私は新卒から西別府病院で勤務をして、結婚・出産・育児を経験しました。施設内に保育所もあり、また子の病気で休むこともありましたが、上の子が20歳になった現在も勤務を継続することができています。資格を活かし長く勤務できる、働きやすい環境が整っています。

  • Q職場はどんな雰囲気ですか?

    20代から50代まで、親子のような年齢差のスタッフがいますが、とても和気藹々と楽しく働けています。楽しいだけでなく意見も言いやすい雰囲気です。

  • Qどんなことにやりがいを感じますか?

    患者さんからの「ありがとう」などの言葉はもちろんですが、看護師の観察したこと、疑問に思ったことなど、医師へ報告・相談したことが、実際の患者ケアに活かされたときです。

  • Q長く働き続けられている理由は何ですか?

    辛い壁に何度も何度も当たり、何度も何度も泣いてきました。でもその度に必ず支えてくれる仲間がいたことです。