看護部について


病院の理念

私たちは、常に研鑽し、
患者さまのために
最良の医療を提供します。

診療機能の特色

  1. 重症心身障がい児(者)医療
    措置入院・ショートステイ・デイケア
  2. 大分県における神経・筋難病医療の拠点病院
  3. 大分県における結核の最終拠点病院
  4. 結核対応型エイズ拠点病院

看護部の理念

私たちは、
人間の生命と尊厳を尊重し、
安心と信頼に応える
質の高い看護を提供します。

看護部の基本方針

  1. 看護の本質を追求し、根拠に基づいた安全な看護を提供します。
  2. 専門職業人として、高い倫理観を持ち、行動します。
  3. 専門職として、自己研鑽に励み、看護実践能力の向上に努めます。
  4. 組織の一員として、病院経営に積極的に参画します。
  5. チーム医療の要として、院内外の関係者と連携し、地域医療に貢献します。

私たちが目指す看護

  • 一生懸命生きている患者さまに寄り添う看護
  • 患者さま自身ができることを支援し、見守る看護
  • 患者さまお一人おひとりの個別性を大事にした看護

看護部長挨拶

看護部長(認定看護管理者)
 竹之内 須賀子

看護部のホームページをご覧頂きまして、ありがとうございます。

看護部では、病院の理念・基本方針に基づき、患者さんやご家族さまのお気持ちを大切にしながら、安心と信頼に応える看護が提供できるよう、努めています。

西別府病院では、セーフティネットの重症心身障がい者、神経筋難病、呼吸器疾患を中心とした慢性期医療を担っています。また、最近では患者さんの高齢化もあり身体合併症の増加や、人工呼吸器装着者の方も100名を超える状況にあります。そのため、診療の補助を必要とする支援も増加しており、その知識・技術の向上にも努めています。

しかし、当院では、生涯にわたって疾患に向き合う患者さんが多くいらっしゃいます。看護はどのような健康状態であっても、人生を生きる一人の個人として看ることを視点と考えます。当院でも一人の生活者として患者さんに関心を寄せ、いのち・暮らし・尊厳をまもり支えるケアを多職種で取り組んでいます。
 また、療養している患者さんとの会話は、非言語的なコミュニケーションとなります。伝の心(コミュニケーション機器)の活用や日々の生活支援の中で、全身での訴えを感じとり、意思疎通を図りながら、患者さんお一人おひとりに応じた看護を実践しています。
 この実践においては、人の内面にある「思い」に向き合いますので、人としての優しさと共にタフなハートも看護職には大切な能力であると考えています。

現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)により社会情勢は急激に変化し、医療を取り巻く環境も大きく様変わりしました。そして、人との繋がりが少し弱い状況になったとも感じており、「対話」、「コミュニケーション」の重要性を再認識しています。
 今後は、「Withコロナ」として危機管理もですが、この変化に対応できる「思いやり」のある人材の育成が重要と考えます。そして、「やりがい」をもって働ける職場となるよう環境づくりに努め、患者さんと職員が笑顔こぼれる病院となるよう努めてまいります。

概 要

看護単位病床数診療科等看護体制
東1病棟46筋ジストロフィー・神経難病・重症心身障がい障害入院基本料7:1
12結核(ユニット)結核入院基本料7:1
東2病棟55筋ジストロフィー・神経難病・重症心身障がい
内科(循環器・呼吸器疾患等)・外科(リンパ)
障害入院基本料7:1
東3病棟57重症心身障がい 小児(腎)・小児精神障害入院基本料7:1
東4病棟52重症心身障がい障害入院基本料7:1
東5病棟50神経難病・内科(一般)他障害入院基本料7:1
中材・手術
外 来14診療科、リンパ浮腫センター・スポーツ医学センター
合 計272

神経・筋疾患病棟

大分県における神経・筋難病の拠点病院です。神経・筋難病という特徴から、日常生活支援や人工呼吸器装着患者の呼吸管理を中心に行っています。コミュニケーションに障害のある患者さんも多く、患者の個別性に応じた意思の伝達方法を選択したり、日々の生活を楽しく充実したものにするため、QOLの充実に力を入れています。

重症心身障がい児(者)病棟

重症児(者)は重いハンディを背負い、人として生まれ人として成長しています。この人として成長している過程の関わりが「重症児(者)の看護」です。そのため、医療・訓練・療育・日常生活援助といった幅広い看護実践能力が求められ、看護者としての人生観や看護観が問われると共に、他職種と協力して各々の専門性を発揮していくことが重要です。

結核病床(ユニット化)

大分県内唯一の結核拠点病院として位置づけられており、全室陰圧室となっています。令和4年4月1日から、病棟再編成により、東1E棟としてユニット化され12床で運営しています。患者さんは高齢の方が多く、糖尿病・高血圧・心不全・認知症等の合併症を併発しています。入院時から直接監視下服用確認(DOTS)を行うとともに、服薬手帳を用いた服薬指導に取り組んでいます。退院後も服薬治療の継続が必要となるため、県内各地域の保健師と合同での「結核患者療養支援検討会」や、結核についての正しい知識の普及のために研修会を開催しています。

一般病床

腎臓疾患・糖尿病などの小児慢性疾患、循環器・呼吸器疾患、神経内科、リンパ浮腫の患者さん等を東2E棟・東3E棟・東5病棟で受け入れています。小児期から老年期までの幅広い発達段階、様々な疾患の患者さんの看護を行っています。長期入院が必要となる児童・生徒の方は、病院隣接の石垣原支援学校へ通学しながら治療を受けることもあります。

組織図

令和4年10月11日現在

看護部組織図